カテゴリ:艦これ > 聖地巡礼

    1:yomiφ ★:2014/01/05(日) 10:05:02.00 ???
    moeplus_1388883902_101

    http://news.kanaloco.jp/common/user/news/photo/1/140103/9_220517.jpeg

     1905年の日露戦争・日本海海戦で旗艦を務め、現在は三笠公園(横須賀市稲岡町)に
    保存されている記念艦「三笠」で、1日から3日まで正月の特別企画が行われた。
    元日から多くの子連れの家族らが訪れ、にぎわった。

     艦内にある「パワースポット」を巡るイベントが企画された。
    東郷平八郎海軍大将が指揮した、甲板から約20メートルの高さにある「最上艦橋」に
    祭壇が飾られ、来場者は「見晴らしがいい」「ここに(東郷)司令官が立っていたのか」
    と楽しんでいた。当時艦内で必勝祈願をしていた「三笠神社」の神棚も紹介。
    日露戦争にゆかりの人物を集めるスタンプラリーも実施された。

     歴史ブームやテレビドラマ放映を背景に客足は高水準を保っている。
    2008年度は11万人だったが、NHKドラマ「坂の上の雲」の放映で、東郷大将が
    三笠で指揮した日本海海戦を取り上げた回が放送された11年度は19万人を記録。
    13年度は12年度と比べ2週間早く15万人を突破した。

     さらに、インターネットの人気ゲームで、旧日本海軍の艦艇を女性キャラクターに
    擬人化した「艦隊これくしょん」の影響で、コスプレした女性が写真撮影で
    三笠に訪れるなど、客層も広がっている。

     三笠保存会の曽川正広報課長(66)は「着実に定着してきた。多くの人に、
    教科書には載っていないような歴史を知ってもらいたい」と話す。
    今年も多様な企画を練っている。

    http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1401030015/
    5:yomiφ ★:2014/01/05(日) 10:17:04.49 ???
    ×記念館
    ○記念艦
    です…。
    【【艦これ】 パワースポット・記念艦「三笠」艦内巡り、祭壇や神社が人気 「艦これ」影響で客層広がる/横須賀】の続きを読む

    1:朝一くんφ ★:2013/12/15(日) 20:46:50.58 ???
    記念艦「三笠」の甲板でポーズを取る若者たち(神奈川県横須賀市で)

    moeplus_1387108010_101


    「大和」「武蔵」など旧海軍の艦船を擬人化した美少女キャラクターが戦うオンラインゲーム「艦隊これくしょん―艦これ―」に
    「母港」として登場する神奈川県横須賀市を、ファンの若者が続々と訪れている。

    海上自衛隊や米海軍第7艦隊が司令部を置く横須賀の観光は、ファンの間では“聖地巡礼”とも呼ばれ、
    地元の飲食店なども商機を逃すまいと、関連商品や企画を打ち出している。

    「提督、集まれ」。12日、多くの艦船が停泊する横須賀港を巡る遊覧船。
    艦これのキャラクター衣装を着た同市追浜地区観光大使のキキワンさんが号令をかけると、若者4、5人が集まり、撮影会が始まった。
    「提督」は、ゲームのキャラを操るプレーヤー自身のことだ。

    ゲームは角川ゲームス(本社・東京)が開発・運営。キャラクターを育てて強化し、無敵艦隊を目指す。

    横須賀市はゲームの中で、艦船の母港となる「鎮守府」の一つで、プレーヤーが本拠地とする呉、
    佐世保など13地点(14日現在)のうち第1鎮守府の位置づけだ。

    横須賀観光は本物の艦船を間近で見られるのが人気の理由。
    休暇を取って大津市から来た会社員(27)は「横須賀で大きなイベントを開いてほしい」と期待する。

    (2013年12月15日11時39分 読売新聞)

    【YOMIURI ONLINE(読売新聞) 】
    http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131214-OYT1T00558.htm?from=ylist
    【【聖地巡礼】ゲーム「艦これ」人気で横須賀にファン続々巡礼】の続きを読む

    このページのトップヘ